不正取締管理を
自社システムで実現

近年、不正駐輪・不正駐車が大きな社会問題になっています。

正規の駐輪・駐車スペースがあるにもかかわらず、建物の未使用スペースや道路上に無秩序に自転車やバイクをとめる人が後を絶ちません。これにより、特に混雑する駅前エリアでの安全な通行が妨げられ、事故のリスクが増加しています。さらに、不正車両が多い地域は、治安が低下し、犯罪のリスクが高まることが懸念されます。

私たちは自社で開発した不正取締管理システムを活用し、不正駐輪・不正駐車に対する取り締まり強化に取り組んでいます。

不正駐輪・不正駐車にお困りの方はお気軽にご相談ください。

パーキング導入事例

NAGOYA PARK で
「土地の最大有効活用化・



収益化」を実現

NAGOYA PARKでは、システムパーキングは勿論、自動販売機、広告看板の設置、キッチンカーの営業等、立地に応じて土地を最大限有効活用できる提案をしております。

また、駐車しやすいレイアウト設計を心がけており、オーナー様にも利用者様にも喜んで頂けるような駐車場作りを行っております。システムを用いて土地を有効活用するとともに、不正駐輪や不正駐車をなくすことで地域の活性化を促進し、地域の皆様により愛される駐車場を目指して参ります。

遊休地の活用空いている土地をどのように活用したらいいかわからない
月極駐車場運営のお悩み月極駐車場の契約が
なかなか決まらず、
収益化できていない
パーキング運営のお悩みパーキングをオープンしたが、
まったく埋まらない
狭小地の活用土地が狭いため、マンションや
駐車場としての運営が難しい
不正駐輪・不正駐車お客様用の駐輪・駐車スペースに、
駅の利用者が勝手に停めてしまう